トップ / 印刷インクの濃さ設定

印刷インクの濃さ設定

薄墨を使った印刷

家庭とプロの印刷情報

薄い印刷は試し刷りに便利 

パソコンとプリンターの普及率が上がっている昨今ですから、ある程度プリンターも普通に使えることかと思いますが、薄墨印刷ができるのはご存知でしょうか。よく、ひとが亡くなった時の香典などは薄い文字でかいたりしますけど、あのような練習のような、下書きのような印刷が出来る機能が付いているんです。これが意外と便利で、インクの節約になることはもちろん、時間も節約できます。プリントしていても意外と本当に保存して置いておきたいものはごく一部で多くは何か1度使って終わりだったり試しに刷っていたりしますよね。そんな時には薄墨でプリントしてみてください。

印刷の薄い文字が気になったら 

プリンター印刷で薄い仕上がりになってしまった時には、トナーやインクの残量を確認するべきです。まだ残量があっても少なくなってくると出にくくなるタイプがあります。また、濃度設定も確認するべきです。そして紙の厚さが不適切な場合も印刷の仕上がりが悪くなってしまいます。さらに紙の材質によっても移りが悪くなることがあり、毛羽立っていたり画用紙のような表面にざらつきが多いときれいになりません。このため、プリンター専用の用紙やコピー用紙を使うことが大切です。専用の用紙は、トナーやインクが馴染みやすいように加工された用紙のため色移りが良くなり、細かな文字でも見やすくプリントされます。

印刷会社

© Copyright 家庭での印刷で出来る製本. All rights reserved.